So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

本日解禁です・・・。 [入荷情報!]

さてさて、もう0時を回ったので、今年も師走を迎えちゃいましたよ。

振り返るにはまだ早い気もします、最近毎年言うてる気がしますが、
「2018年も早かった」って感じですよね。

皆さんはどんな感じでしたか?

今年関東では木枯らし1号が吹かなかったみたいで、39年ぶりの出来事だそうで、
大阪はどうやら11月22日に木枯らし1号が吹いたそうですが、全然知りませんでした。

とはいえ、今年は暖かいですよね。

それもあるのか、全然12月感がないですよね。

今年は暖冬やって言われてたけど、天気予報見てもどうやら12月も温かそうですね。

だって未だにヒートテック使わずに過ごせてますもんね。

あんまり季節感ないのは景気にも影響するので、
春は心地よく、夏は暑く、秋は穏やかで、冬はそれなりに寒い方が良いんですけどね。

そんな季節感が味わえない今日この頃ですが、
今日ご紹介する商品は、まさに季節感バッチリのお酒です。

12月1日解禁ですので、よろしくお願いします。

DSC_0399.jpg

☆霧島町蒸留所(鹿児島県)

▷赤芋仕込み 明るい農村 蒸留したて(限定品)

さぁ12月1日になりましたので、今期もこの芋焼酎の解禁を迎えました。

赤芋仕込み 明るい農村 蒸留したては、
1年に1度、12月1日より発売される季節限定品の芋焼酎です。

この秋に採れたさつまいも(赤芋)で造った希少な新焼酎です。

通常の赤芋 明るい農村より、さらに香りはとてもフレッシュです。

出来るだけ新焼酎らしさを楽しんで貰うために、最低限の荒濾過で瓶詰めされています。

なので写真からだと分かりにくいかもしれませんが、
薄っすら濁っているのが分かって貰えるかと思います。

新酒らしい荒々しさと赤芋らしいフルーティな味わいは
赤芋を使った新焼酎でしか味わうことが出来ない味わいです。

是非、この味わいを体感してみてください!

▷原材料:赤芋・米麹
▷麹:三角棚
▷仕込み:かめ壺
▷蒸留:常圧蒸留
▷蒸留器:ポットスチル(ステンレス製)
▷度数:25度

1,800ml ¥2,756(税込)

よろしくお願いします。


さて、今年も残すところ1ヶ月となりました。

そして来週からは続々と商品入荷が始まります。

また皆さんにオススメしたい物が続々と入荷して来ますので、
お時間ある方は是非気軽にお立ち寄りください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは、また!




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新たなチャレンジ・・・。 [入荷情報!]

さてさて、明日からは三連休って方も多くいらっしゃると思いますが、
ご予定は如何でしょうか?

今日は福島の夜も忘年会ですかね?

多くのサラリーマンの方が行き来してましたね。

井上酒店は祝祭日は基本営業となっていますので、勿論明日の勤労感謝の日も営業しています。

なかなか普段来れないと言うかたで、もしお時間ありましたら、是非気軽にお立ち寄りください。

先日お伝えしたワインの新酒、ボージョレーヌーヴォーや、焼酎の新焼酎、
まだまだ数は少ないですが、日本酒も平成最後、30BYの新酒も入荷が始まりました。

是非、よろしくお願いします。

そしてそしてそんな中、実は井上酒店、新たな取り組みを始めました。

それが、今回ご紹介するアメリカンクラフトビールです。

実はウチが今の場所に移転する前は、スーパーの中の専門店として酒屋を営んでまして、
その頃はまだまだ普通の酒屋で、売り上げの多くはビールと缶酎ハイなどが締めていて、
本当にまだまだ専門店と呼ぶのがおこがましい感じの酒屋でした。

ただ当時から今も続く新潟ビールさんはお付き合いあったのですが、
今の店に移転する際に専門店化すると決め、
基本大手ビールや缶チューハイ、大手日本酒は販売しないと言うコンセプトで移転しました。

そんなこともあり、ビールは自分で気に入った国産クラフトビールを扱おうと思い、
少しづつラインナップを増やしていきました。

実は全くお酒が飲めなかったことは僕を知る人ならご存知だと思いますが
ビールが全く苦手でして、ただ唯一美味しいなと思ったのが実はベルギービールでした。

じゃ、ベルギービールやれば・・・と突っ込みが飛んで来そうですが、
実は以前の店の時からベルギービールのインポーターさんにはアポ取ったりしたんですが、
どうも人間的に合わなくて・・・。

で、新潟ビールさんがきっかけで国産クラフトビールの面白さに目覚め、
国産クラフトビールを置くようになりました。

では、なぜ今回アメリカのクラフトビールを扱うのか・・・。

答えは簡単!

ベルギービールのインポーターさんとは人間的に合わなかったんですが、
アメリカのクラフトビールのインポーターさんとは人間的に合ったってことです。

勿論、商品も飲んで美味しいと思いましたよ。

でもそれも大事ですが、やっぱりこの人と一緒に何かしたい!と思わないとダメだと思っています。

ただし何度も足を運んでくれても、もともとの考え方が合わない方は、
何度来られもてダメですけどね。

まぁ、この営業さん、ビール業界では多分とても有名な方で、
大阪のビール好きな方ならきっとご存知な服部さん!

なぜウチに何度も足を運んでくれたのかは分かりませんが、
本当にビールが好きなんやなぁってのが直ぐに分かる方で、
この人なら一緒に仕事したいなって思いました。

正直、僕はビールは得意分野ではないし、
ウチも数多くのビールを扱うには場所が狭すぎて難しいし、
特にアメリカのクラフトビールに関しては本当に全く無知な状態なので、
服部さんと相談しつつ、今是非飲んで貰いたい物をその都度ご紹介出来ればと思います。

そんなこんなで、先ずは初入荷となりました、
2つの醸造所の3銘柄のアメリカンクラフトビールをご紹介します。

DSC_0357.jpg

左より

☆Sierra Nevada Brewing Co.:シエラネバダ醸造所(アメリカ合衆国)

①Sierra Nevada PALE ALE

1980年の創業時から醸造されている全米No.1の伝説的ペールエール。

100%天然原料、最高級モルト、ホールホップ、自家製酵母、天然水を使い、
さらにボトルコンディションされ、要冷蔵でアメリカから日本へ、
輸入元から小売店まで徹底した温度管理のもと、皆さんのもとへ届けられます。

グレープフルーツやシトラスのアロマフレーバーが感じられる味わいは、
派手すぎず、ついつい飲み進めたくなる味わいです。

料理を食べながら飲むのに最適な1本です。

これ僕のお気に入り!

是非飲んで欲しいです。

355ml缶 ¥578(税込)


②Sierra Nevada Hazy Little Thing IPA

Hazy Little Thing IPAは、無濾過で濁ったトレンド感のある今を表現したIPAです。

ブリュワーの特権が製造途中のビールをタンクから直接飲む・・・

そんな味わいを皆さんにも味わって欲しいと生まれたのがこのビールです。

香りは白桃、トロピカルフルーツ、シトラス、青々とした草にモルトのアロマを感じる
非常に分かりやすいとてもフルーティーな味わいです。

味わいは香りの印象からすれば甘いビールかな?と思うのですが、
確かに甘さはあるんですが、香りの印象よりも以外にドライで
優しい甘味とマイルドな苦味が楽しめる味わいです。

355ml缶 ¥611(税込)


☆Stone Brewing:ストーン醸造所(アメリカ合衆国)

③Stone IPA

世界中で愛されるIPAを代表する醸造所と言っても過言ではないストーン醸造所。

その中のある意味最もスタンダードなのがこのIPAです。

美しい黄金色の液体は、柑橘系の香り、パイニーホップのアロマが押し寄せ、
さらにIPAらしいガツンとした苦味が正に今のトレンドな味わい。

正直、和食と考えるとなかなか難しい物を感じますが、
揚げ物や中華料理など、合わせる物で、ちゃんと食事とも合わせることも出来ると思います。

355ml缶 ¥650(税込)



今回入荷の商品は、品質の状態を保つのが缶がもっととも良いということで、
瓶の商品もあるのですが、缶を仕入れました。

よりフレッシュな味わいを感じてもらえたらと思います。

まだまだ駆け出しのアメリカンクラフトビールですが、
国産クラフトビール同様に、皆さんに親しんで貰えたらと思います。

よろしくお願いします。


最後までご覧頂きありがとうございました。

ちなみに、25日(日)は定休日となりますので、よろしくお願いします。

それでは、また!


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -